マロン・メロンシールド使ってみた

『マロン』用のフォトンアーツ。マロンを盾にして敵の攻撃を防ぐ。ボタンホールドで防ぎ続ける。

『メロン』用のフォトンアーツ。マロンを盾にして敵の攻撃を防ぐ。ボタンホールドで防ぎ続ける。

wikiより仕様を転載。

  • 初期習得PA。
  • メロンとの違い
    ・特になし
  • マロンを前方に固定し盾にする。
    • 表記はPP5消費となっているが実際には発動時にPPを6消費する(恐らく後述のホールド消費の「0秒」目)。加えてボタンホールド中は2秒ごとにPPを1消費していく。
  • ダメージはマロンにしっかり入り、HPを上回るダメージを受ければ戦闘不能にもなる。
    • 加えて「アルターエゴ」効果時間中は伝播ダメージが発生する。
  • 防御手段、能動的にマロンに被弾させる用途のほか、マロンを手元に戻す手段としても有用。
  • PA入力直後にはマスターそのものにもガード(パリング型)判定が発生しており、マロンが定位置につくまでに敵の攻撃判定がマスターのみに接触すると、マスターにもマロンにもダメージが発生しないままその攻撃を凌ぐことができる。

pso20160318_165611_005

初めてペットが盾になってくれるPAです。

乱戦中にこのPAで盾になると、他のプレイヤーさんの攻撃で敵は他所に行ってしまう困ったPAです。チェイサーなどで攻撃し、ヘイトを取ってから使うと効果的です。

他のPA同様にターゲット(タゲ)を集めやすい様に、ダメージを割合で反射すればよかったのにと思うと残念でなりません。

あくまで「敵の攻撃を防ぐ」スキルなので一部ダーカー兵器やトラップには適用されないようです。ダメージ判定を蓄積することは出来ますが、プレイヤーへのダメージは止まりません。

なので、うかつに暴走車などに勝負を挑んでしまうと。

pso20160319_042447_000pso20160319_042450_001

「りー!!」

このようになります。

みなさんも、ついうっかりと暴走車に戦いを挑まないように、ご注意ください。

ちなみに画像ではマロンが緑色に輝いて、プレイヤーに回復をかけているように見えます。

これは透明化しているマグの仕事によるものです。珍しいという意味では決定的な一枚なのですが。マロンシールドにこのような機能は付いていません。

サモナーをやっていると、透明化してしまう所為でつい忘れがちになってしまうマグ。透明でも一生懸命に仕事をしてくれていました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)