限界突破後の経過 その2

2016.03.22より限界突破後の育成に入ったワンダさん。

2016.03.27時点ではLv113となっていました。

あれから3日、カンストとなりました。

pso20160330_071544_003

ちょっと誇らしげに、こちらを見つめるワンダさん。

カンストを迎えたからでしょうか、毛並みもつやつや。

さて、この1匹をカンストさせるまでに一体いくつのエッグを使ったのでしょう。

改めて振り返ってみます。

合成による獲得経験値。(wikiより転載。)

スクリーンショットによる検証。数値はピクセル単位。
実際の必要数は誤差の可能性あり。

  • Lv100→101の場合
    レアリティ 上昇値 レベルアップまでの必要数(※)
    ★6 4/165 41.25
    ★7 5/165 33
    ★8 7/165 23.57
    ★9 12/165 13.75
    ★10 17/165 9.7
    ★11 21/165 7.85
    ★12 29/165 5.68
    ★13 37/165 4.45
  • ※Lv101→102時点で★10での増加幅が16pxになったので必要個数は増えていく模様。

こちらからも判るとおり、☆10だけで育成したとすると、必要個数はカンストまでに194個となりますが、実際はレベルが上がるごとに少しづつ要求量が増えているので、☆10エッグだけでも200個以上必要になります。☆8のみでカンストを目指すと、約470個ほど。

現実問題、倉庫に☆10エッグが200個以上あるという方は少ないでしょう。

なので、ログインしている間は☆6~☆9エッグをどんどんと合成し、兎にも角にも空白の時間が出来ないように注意する事で前進していきます。

前回、☆11エッグ11個。☆10エッグ20個を既に消費していると報告しました。

そのほか倉庫には☆9、☆8のエッグがそれぞれ100個倉庫に備蓄されていました。

Lv113の時点で残りを☆9レアだけ上げたとすると、大雑把に123個(端数切捨て)消費していることになります。

なるほど、こんなに必要ならば、それは倉庫が空になっているわけですね。

おかげで、メロン工場に通いつめる8日間でした。

じつは、セカンドキャラの☆13ワンダも同時に育成しており。備蓄したエッグが今もどんどん減っています。エッグ貯蓄の日々はまだまだ終わりそうにありません。

・・・たとえ話になるのですが、リリチで拾った☆8メロンがすべてSW(スペシャルウェポンですセーフティーウォールじゃないです、青ジェム使いません)で出てきた場合。

一個が約2kとして(実際はもうちょっと上でしょう)470個のメロンエッグの鑑定費用は、単純計算でも940k。940.000メセタとなります。

ここにパフェ、ロール、パンケーキなどのキャンディ圧縮費用(失敗は無いもとして費用を加算)を加え、シンセ用に消費したエクスキューブのコスト。およびその鑑定に消費したメセタ等を簡単に合算しただけでも、ペット一匹あたりの育成コストは軽く5M以上になります。

属性一致用に6色持つだけでも30Mおーばー・・・。道理で最近メセタが貯まらない訳です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)