E.カルセオラリア再販 ウィナーズデザイン3 sideA

新しい品々があるのに、タイトルがおかしい?

いいえ、おかしいのはウィナーズデザイン3 sideAページのスクロールバーの大きさのほうです。物凄く、小さいです。

これ

つまり、それだけの商品数があるということです。ガチャページのスクロールバーは年々小さくなっていますが。今回は記録更新なのではないでしょうか。

衝撃のあまり、いきなり本題から逸れてしまいました。申し訳ありません。

タイトルの通り、「E.カルセオラリア」が再販となりました。

「E.カルセオラリア」ってなに?という方へ補足します。

正式名称「エンゲージ・カルセオラリア

E・カルセオラリアイメージ

2013年度の最優秀賞作品です。hoehoeさんのデザイン画でもとても綺麗に見えて大好きになりました。当時、販売開始と同時に入手しました。

・・・ところが、大きな落とし穴があったのです。

知らない方も多いかもしれませんが、このデザインには脚部にアンカーボルトがあり、停止時には飛び出す設定です。移動の際は上部にスライドします。よく考えられていますよね。

しかし、現実は無常なうえに非常でした。その設定は設定のまま終わり。この衣装を着て移動すると、なんということでしょう。普通に歩いてしまいます。ホバー前提のデザインだけに、これは当時大きなショックでした。

同じ事を考えた方も多かったようで、当時のロビーにはホワイトカラーのキャスト子さんが、このアクセサリ3点セットを装備している姿が多く見られました。

このときほど、ホバー移動を羨ましく思ったのは言うまでもありません。

その後、HD損害を被り。ショックから2年弱まともにPSO2に関わらない時間をすごしました。あるとき、ふと懐かしくなり。再ダウンロード。

久しぶりのPSO2ロビー。そこで目にしたのはBカラーと呼ばれる色違いのE.カルセオラリア。2キャラ目が無料開放されたことを知った事もあり、すぐにキャス子を作成。ホバー移動をひとしきり堪能した後、ビジフォンでE.カルセオラリアを探すことに。

驚きました。値段に。50~60Mという値段に。聞くところによると、Bカラー販売はあったが、ノーマルの再販はされていなかったということ。あとは転売屋のあいだを転がり続け、高額商品をなってしまったのだとか。休止前は4M程度だった記憶もあり、しょんぼりしてしまいました。

作品を作り上げた本人も、きっと嘆いたことでしょう。

時は流れついに再販。

転売屋にとっては舌打ちなのでしょうが、こちらには追い風となってくれることを願って。

戦います、ビジフォンと。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)