ペットの性格を考える(メロン)

ペットの性格を考える。

第一回目のお客様はメロンさんです。

同時実装された、マロンさんが強烈な性能を持っていた所為もあり。

現状はなにかと比べられてしまう不遇なペットとして、認識されている方も多いのではないでしょうか。せめてレベルと共に、爆発までの時間が増えて、不発や誤爆のしない最低投擲回数の保障が付いてくれば違って居たのかもしれません。

補正が強めにかかった通常攻撃、他を寄せ付けない防御力により壁になりつつ敵を削る。

爆弾以外として活躍する場面が多い子でもあります。

pso20160714_100503_006

性格は以下の4種。「超」の効果はドロップアップ5%で固定されています。

 性格 解説
メロン 逆境 ペットのHPが一定以下で与えるダメージが上昇。
超逆境 アイテムドロップ率上昇とペットのHPが一定以下で与えるダメージが上昇。
やせ我慢 ダメージを受けると確率でHPを回復する。
超やせ我慢 アイテムドロップ率上昇とダメージを受けると確率でHPを回復する。

メロンさんと言えば圧倒的な防御力。

へんかんロール×2の登載により、威力が高めに設定されている通常攻撃をも強化できるのは嬉しい所です。

爆弾として使わず、登場から敵に張り付き2HITからの15秒間を含めて、足止めや他のペットが復帰するまで、バトンを繋ぐ役割を担う事が出来ます。

独極の最後に登場する「私」さんの強烈なオーバーエンドを貰い続けても、立ち向かうその姿は頼もしく映ります。登場から20秒ほどの鉄壁ですが、体制を立て直す時間を稼いでくれます。

リボルバーとか言わない。ここでソレ禁止。

pso20160714_101140_008

ただ、この2HITの後に15秒で爆発する仕様、鉄壁の防御力、この2点がどちらの性格であっても反映を難しくしています。

本体がペットリカバリー、リザーブリカバリーのスキルを取得している場合等は、これに輪をかけて難しくなります。

確かに爆発前に入れ替えてから戻す、という方法もあります。

ですが、手早く行わない限り自然回復力の方が上回ってしまう場面がみられます。

短時間の鉄壁という意味でなら、さらに強固な盾になっている事は間違いありません。

pso20160714_100408_005

「メロンストライクには逆境が乗らない。」

よく言われるこの一言です。マロンさんの方はHP満タンからの投擲でも性格が反映されるのですが、メロンさんはなんらかの判定が違うのでしょうね。

他PAでは逆境での攻撃力上昇は確認されています。通常攻撃も一緒にあがっているようです。

こういった様々な問題に対しては、今後の修正により快適になっていく可能性も高いのではないでしょうか。

メロンでの性格選びは、常時適用を望むものでは無く、窮地の際の「保険」と捉えた方が良いかもしれません。EPISODE4開始直後はカンストワンダならそうそう墜ちないと言われてきましたが、近日のエネミーは攻撃が苛烈になっており、☆13ワンダでも張り付きながらの攻撃継続は難しい場面が増えています。今後、次々とペットが撃墜されるようなボスが出るようなら、バトンを繋ぐという「いぶし銀」の役割を担うのかもしれません。

倉庫に余裕があるならば今後の修正を見据えて、どちらの性格にも変更できるよう、同じレアリティを使っての性格変更を準備しておくのも手かもしれません。

可愛いんですけどね、メロンさん。もっと活躍出来るようにしてくれないでしょうかね。

pso20160623_162729_001b

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)