ペットの性格を考える(ヴィオラ)

ペットの性格を考える。

第四回目のお客様はヴィオラさんです。

4月27日に実装となりました。2016緊急の「雨風」や「鋼鉄」(ひと悶着あった大和撃退クエスト)でのエリアドロップ、クリア箱ドロップとして多くの方の元へ舞い降りました。

運営側からは、「攻撃力の高い攻撃性が強めのペット」としてアナウンスされていました。

役どころも、中型のHPが高めなエネミーに対抗する手段として頼もしいものです。

ヴィオラチェンジというモードチェンジを備え、確かに攻撃は強いな、高めのダメージが出るな、とは感じました。ただ、モードチェンジ中の「PPの回復力減退」というデメリットの補正が予想よりも強く、扱いにくさも備える結果になってしまいました。

このPP減退の割合が少なければ、ノーマル時のPP回復力向上でもあれば、多くの方がデッキにセットするアタッカーになっていた事でしょう。

そんなアタッカーにはどんな性格が用意されているのでしょう。

pso20160717_013328_000

性格は以下の4種。「超」の効果はドロップアップ5%で固定されています。

性格 解説
ヴィオラ 目立ちたがり 敵に狙われやすくなり被ダメージ軽減。
超目立ちたがり アイテムドロップ率上昇と

敵に狙われやすくなり被ダメージ軽減。

いやし系 控えにいるペットのHP回復速度が上昇。
超いやし系 アイテムドロップ率上昇と

控えにいるペットのHP回復速度が上昇。

モードチェンジが最大の特徴ではあるのですが、PP管理の都合それだけで立ち回るのは難しく。通常の状態との使い分けが求められます。正しくはON、OFFの切り替えだけでノーマル状態に使い分けるほどのメリットはあまり無いように感じます。

注意しなければならないのは、仮面ライダーと違って変身中にも敵は攻撃してきます。

変身が終わるまで待っていてはくれません。

今から30年程前、仮面ノリダーというとんねるずのパロディでは普通に殴られていましたっけ、「やめろよぉ!変身できねぇだろぉ!」とか言いながら、ヴィオラとおんなじです。

もっとも、ここ近年のライダーは瞬時に変身を完了してしまう為、隙はありませんが。

仮面ライダー一号役の藤岡弘さん(せがた三四郎としてSEGAのコマーシャルキャラクターを演じました)も変身の速さに驚いていました。

よくワンダと比較される為。壁、盾役としての性能を見るとどうでしょう?

ワンダと比較した場合、☆13+での各種防御の数値を見ると。

どれも100近く下になっています。ヴィオラチェンジによる防御力の1.2倍を反映すれば、各種防御はワンダを越えることになりますので、傷ついたペットとの交代直後にヴィオラチェンジを使ってから、敵の元へ向かうことになります。

「目立ちたがり」での被ダメージ軽減を合わせることで、壁としての役割は問題なくこなす事が出来ることとなります。

pso20160717_013437_001

「いやし系」の恩恵を一番感じた場面はどんな時。

独極や闇の痕跡など。敵攻撃の激しい戦闘では、交代直後に敵のタゲを取らなければ、サモナー本体が危険に晒されてしまいます。

こういった、レスタを使う隙を減らさなければいけない場面での壁として使うと、敵に立ち向かっている間に控えのペット達はこちらが思っている以上に回復しています。

Lv5ともなると回復量の上昇もそれなりの恩恵を感じることが出来ます。もちろん常日ごろからも恩恵があり、1ゲージでもHPが残っていれば短時間で回復に向かいます。

重傷を受けての交代となれば、一度ヴィオラに交代することで、レスタ一回分の時間とPPを省いてくれます。

pso20160717_014514_009

メインのアタッカーとして運用するならば、「目立ちたがり」での被ダメージ軽減は魅力です。その結果、集敵効果から後方より複数のエネミーに囲まれやすい傾向があります。アルチなどではそういった場面を多く体験しました。

後方から一方的に攻撃を受けないよう、カウンター出来るように範囲攻撃の間合いは覚えておきましょう。

ヴィオラでの性格選びは、どちらも環境に左右される要素がありません。しかし、双方を見てみると、どちらもチェンジ使用を念頭に入れた性格になっています。チェンジでPPが減少し、やりくりが難しくなった時。「いやし系」でPPが無くなりレスタが使えなくなった場面をサポート。「目立ちたがり」ではチェンジ中での重鈍な動きに慣れず、タゲをとり損ねてもエネミーから向かって来てくれるようにサポート。

どちらの性格もPP枯渇への直接的なデメリット軽減にはならないという点に注意が必要です。

貴方の翼でもっと戦場を飛び回って欲しい。皆そう願っているのではないでしょうか。

pso20160612_001638_003

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)