ペットの性格を考える(マロン)

ペットの性格を考える。

第五回目のお客様はマロンさんです。

第二期実装。メロンさんと共にやってきました。

発表は初期ペットに近く「ペットの追加ペース早くね?育成間に合わないんだけど」という声があったものです。その後の実装ペースがダウン。予定表どおりの追加だったのか、サモナー批判が軽減する為に前倒しだったのか。ユーザーにとっては永遠の謎です。

発表時点のPVではそこまでの高ダメージが出ていなかったため、マロン、メロンの使い分けに皆がどきどきしていました。しかし、倍率ゲーであるが故、いざ実装されあれこれ盛って使ってみると日頃見ないようなダメージを叩き出していました。

実装当時、メロンに比べて復帰が遅く、しっかりロール×2でも45秒までしか短縮出来ないことから、連続使用は出来ないという見方でした。しかし、複数のマロンを育ててリボルバーする方が出てきてさぁ、大変。

pso20160717_233809_001

性格は以下の4種。「超」の効果はドロップアップ5%で固定されています。

性格 解説
マロン 逆境 ペットのHPが一定以下で与えるダメージが上昇。
超逆境 アイテムドロップ率上昇と

ペットのHPが一定以下で与えるダメージが上昇。

やせ我慢 ダメージを受けると確率でHPを回復する。
超やせ我慢 アイテムドロップ率上昇とダメージを受けると確率でHPを回復する。

マロンの特徴は飛びぬけたHP。防御力が突出したメロンとは仕様が異なります。

性格を考えたら、どちらもHP突出で良かったのでは?と考えたら負けです。

ペットはエッグ核に自分のフォトンを流し込み、獣の形に形成して具現化する擬似生物

直接フォトンを爆弾型に形成して投げれば良いんじゃないでしょうかね。そのほうが余程、投擲しやすいと思うのですが。

ストーリーではピエトロさんが大事に語りかけ、ペットも感情があるような反応を示しています。フォトンって一体・・・

この2匹の特徴を見ると思い出す物があります。

幼い頃、とあるスーパーボールが売られていました。半分は赤色、もう半分は青色という半円2色を接着した物です。青は弾まない性質のゴム、赤は弾みやすい性質のゴムで出来ています。投擲すればどういった反応になるか予測しづらく、不可思議な弾み方を楽しんだり、困難なキャッチボールを楽しむという商品でした。

しかし軌道が予測出来ないがゆえに公園から飛び出し、それを追った子供との接着事故の原因となる事。また製品そのものの強度が無く、運が悪ければ2、3回投げただけで接着面から割れてしまうこともあるいう。「いのりのゆびわ」のような製品であったため、類似品が出回り始める頃には人気が無くなりました。

さて、マロンに関しては実際に両方の性格を使ってみて。

「どちらも使いやすい」と感じた方が多いのではないでしょうか。

今までは「逆境」で当然という扱いでした。爆発までにそのHPを削りきるエネミーはそうは居なかった為です。しかし、ここ近日は攻撃力が高いエネミーが次々と実装されています。

結果として、爆発まで持ち堪えられないというケースが多発するようになりました。膨張2段階の頃にレスタをかけるサモナーも見かけます。

pso20160717_233917_002

「投擲前に撃墜される」これはマロナーからすれば、まさかの事態でした。

トリガー使いをするサモナーは戦闘中の瞬間、最大、総合、といった火力数値を見ながら動くという領域に達している方々が多く。撃墜による次弾装填、一気におちこむDPSは屈辱だったようです。

そういった経過があった為か、トリガーの中に「やせ我慢」の弾丸をいくつか採用するマロナーさんが増えたことで、その使用感を知る人も多く。有効性は周知される事となりました。

安定性か、一点突破か、そういった運用方針によって採用する性格は違ってくる事になります。単体運用での投擲に賭けるのであれば、「逆境」の採用で良いのかも知れません。

pso20160717_234958_009

盾、壁としての運用ではどうでしょう?

高いHP、爆発までのカウントが6HITあるという事。この2点で壁として使う事も有るかも知れませんが、そもそもはシールドでカウントを溜め、投擲に繋げるための物。6HIT後に格納してしまうのは躊躇われます。膨張すれば形勢逆転もできるダメージが出るチャンス。投げたくなるものです。

可愛い外見ですので、愛着故に投げられないのであればソレも仕方が無いでしょう。

その場合は「やせ我慢」になります。「爆発生物」としてフォトン形勢したマロン、メロンの存在意義の否定にはなりますが。

マロンでの性格選びは、どちらもストライク使用の場面に作用する形になります。「逆境」を採用しているからと、火力上昇になるキャンディがいらない訳ではありませんし。「やせ我慢」を採用しているからと、投擲までの回復がいらなくなるわけでもありません。ギャンブル要素を備えているストライクの仕様に変わりはありません。

どちらの性格を採用しても、完全なストライク安定は難しいものと捉えておいたほうが、ストレスが無いのではないでしょうか。

pso20160605_172955_000

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

『ペットの性格を考える(マロン)』へのコメント

  1. 名前:通りすがりアークス 投稿日:2016/07/18(月) 11:51:53 ID:e33268f21 返信

    Su自体があれこれ言われてた内容の一つに「火力」がありましたが,こいつのおかげで全く火力無しとはいわれなくなったのではないでしょうか(トリムはいましたがスパイラルを安定してあてられる人が少なかったと思います)
    マロンの実装はある意味救世主だったのではと考えています。
    こういう言い方は好まれない方がいるかと思いますが,まさに究極の一発屋,浪漫砲(爆弾?)ではないでしょうか。

    まあその分メロンが,まあ,そうね…

    • 名前:mary-pso2 投稿日:2016/07/18(月) 13:16:16 ID:d1abb3aff 返信

      その火力は、15秒おーばーで身をもって体験しています(りー!!)
      メロンさんも今後の調整で出来る子にして欲しいですよね。

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)