シンクロウザン使ってみた

『シンクロウ』用フォトンアーツ。

高速で接近し、フォトンの刃で一閃。
「繋ぎ」によって威力が上昇する。

以下wikiより仕様を転載。

  • 初期習得。
  • 他PAから繋ぐことで威力が1.5倍に上昇する。
  • 消費PPが少なく、威力もそこそこ、繋ぎで威力強化、接敵に便利。全体的に扱いやすいPA。
    • ただし上下方向への追尾が弱く、丈の小さい敵にはやや当たりにくいという難点有り。

となっています。

では、実際に使って行く事にしましょう。

シンクロウダンと同じくPP消費量は5という少ない数値です。「繋ぎ」による威力上昇もあることから、コンボを繋げていく上で、欠かすことにできない存在です。

pso20160901_114808_001

気で編み上げたのでしょうか、剣での攻撃です。

ガンスラッシュの武器迷彩*レブナント3剣エフェクトのように瞬時展開します。

通常攻撃が大振りであるシンクロウにとって、通常攻撃の代わりにもなるPAです。

wikiに書かれているように、上下の誘導性はそこまで高くないのかもしれません。

※急上昇、急下降を伴う攻撃手段を有するエネミーに対しては、追尾しながらの攻撃はあまり成功しないようです。(これはペット操作全般に言える事ですが)敵の動きを良く見て、攻撃終了後を狙ってください。

強化徒花戦、DFダブルが最後に回転する壁を繰り出してきますが、その時の中央コアにこのザンで殴りにいけましたので、ロックオン範囲そのものは大きいものです。

誘導性の欠点はプレイヤー側から、狙う箇所をしっかりと視点に入れ、ロックオンすることで補う事が出来ます。

pso20160901_114740_000

シンクロウダンが「戻れ」ならば、シンクロウザンは「行け」のPAであると言えます。

グレンテッセンのような速度や誘導性はありませんが、PP消費5での性能としては破格の存在です。キャク、ケン、ゲキには「エネミーの近くまで行って攻撃」という要素はありません。

ザンから繋げて繰り出していく事で、動く相手に対して、位置修正しながらコンボ叩き込めるようになります。

連撃成立の要はこのPAです。このザンを抜いて「繋ぎ」を成立させるならば、動かないエネミーに対してでしか有効性を発揮出来ない事でしょう。

みなさんも思う存分に、夙流・変移抜刀霞斬りをお楽しみ下さい。

ドーモ、カムイ=サン。シンクロウデス。

ドングリ・コンペテイションにはならぬ、竹林のタイガー暁を知らずと、戦い続けるシンクロウであった。

~完~

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

『シンクロウザン使ってみた』へのコメント

  1. 名前:らの字 投稿日:2016/09/01(木) 21:07:22 ID:f313dcc5d 返信

    遅ればせながら、☆13 おめでとうございます(`・ω・´)ゝ
    まさに神苦労ですね!(←あ~あ・・・言っちゃった・・・)

    私はしばらくINできなくなってしまいましたが
    INできる頃には、こちらでいろんな情報がUPされているはず!

    ・・・・・と、ポレッシャーをかけてみる>ニヤリ

    (あ、あれ?変移抜刀霞斬りでファイナルファイトを思い出すのはry)

    • 名前:mary-pso2 投稿日:2016/09/02(金) 01:30:36 ID:11f851362 返信

      ありがとうございます!☆13確保がなかなか出来ずに、じらされました。いけず。
      神くろう・・・しんくろう・・・あ、ま、まさか!?
      すごいポレッシャーを感じる!たすけてモアイさん。
      あ、ちなみにCHKがCHK声優センターだったころ、
      所属オーディション受けに東京の大手町に行った思い出があります。
      早口言葉、7人家族の会話の演じ分け、などなどをやった思い出があります。
      合格通知は今も箪笥の中に大切にしまってあります。

      (それはきっと、ダイキョウバーニングのショウグン。同時押しの無敵技でも使わないと結局よけられないんですよね。)

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)