シンクロウキャク使ってみた

『シンクロウ』用フォトンアーツ。

敵の攻撃を回転でいなし、蹴り払う。「繋ぎ」によって攻撃範囲が拡大する。

wikiより仕様を転載。

  • Lv20で習得。
  • 出始めからおおよそ3回転するまでの間、シンクロウに全方位に対してのガードポイントが発生する。
    • 扱いとしてはジャストガードだが、ヒーリングガードは発動しない。
    • DFダブルの扉など極一部のガードブレイク攻撃には無力なので過信は禁物。
  • モーションが長いためシンクロウが回ってる間に、繋ぎを維持しつつマスターの位置調整、ノンチャレスタ・シフタ、ポイントアシスト等のスキルを使うことが可能。

このように、まとめられています。

では、さっそく使って行く事にしましょう。

pso20160904_020449_004

「竜巻旋風○」の用に回転回し蹴りでぐるぐるします。

シンクロウ唯一の範囲攻撃です。その性能から単体、コンボ、どちらでも使っていけます。

また、ガードポイントがついているのも特徴といえます。

wikiにも3回転するまで、と書かれていますが、確かにそういった感覚です。ジャストガード感覚で、敵の攻撃が当たる瞬間をねらってこのPAを使って下さい。

このシンクロウキャクは一回のモーションで5回転ほどしています。技の終わりごろは、ガードポイントは消えていると考えて使いましょう。

もちろん、PPに余裕があるならば、攻撃が来る度にキャクをジャストすることで無効化していけます。この性能、ペット全てに一つはガード付きが欲しかったと思わせてくれる便利さです。

pso20160901_114944_003

タイミングさえ判ってしまえばこっちのもの。

ボスでさえ、ノーダメージで撃破も可能です。

攻撃の「繋ぎ」のコンボ以外にも、ジャストガード感覚を楽しめます。

この範囲と防御性能は、意外にもシンクロウダンと相性が良く。

プレイヤー共々、敵の群れに飛び入ってダンとキャクを交互に連打することで、大きなダメージを受けることなく、一気に殲滅する事が出来ます。

アドバンスクエストでやってみると面白さを実感出来る事かと思います。

単体においてもダンで引き寄せたエネミーを、キャクでカウンターする事も可能で、楽しい組み合わせです。

ゲキまでの「繋ぎ」においてはどうでしょうか。

回転中の時間稼ぎ、でのプレイヤー移動や作業が可能という側面があります。

それ以外でも、このキャクはガードを備えている都合、PA使用中いつでもPA再使用が可能です。それ故、PAを終わりを待たずに次のPAに「繋ぐ」という、時間短縮の手段としても可能になっています。

キャクを次のPAでキャンセルや上書きするようなイメージで使っていって見て下さい。

最短時間で4コンボを繋いだシンクロウゲキを繰り出せる事かと思います。

通常攻撃は「サマーソルトキック」だったり、この「竜巻旋風○」といい、シンクロウさん絶対にあの手のゲーム好きだと思う。そういえば、SEGAでもブライアント兄妹は「サマーソルトキック」大好物でしたっけ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)