ペットの性格を考える(シンクロウ)

ペットの性格を考える。

第八回目のお客様はシンクロウさんです。

2016年08月24日、新フィールド「ラスベガス」の実装と共にやってきました。

「異色のペット、シンクロウ登場!」という冒頭の一言から始まったペットです。

和風テイストという、「文化」の香りを持つペットとしては初めての実装となりました。

サリィさんはソーサリー(和訳:妖術師)なのでニアピン賞。

「繋ぎ」の力。という、コンボシステムを備えており。

これを生かして戦っていくことが主な運用方法となります。火力面でみると、そこまで突出している訳ではなく。

中型~大型の雑魚エネミーや攻撃頻度が少なめなボスに対して使って行く事になります。

次から次へと繰り出すPAの掛け合いを楽しむ、そういうペットであるという認識でよろしいかと思います。

そんなテクニカルファイターのシンクロウ。どんな性格が用意されているのでしょうか。

pso20160905_140958_000

性格は以下の4種。「超」の効果はドロップアップ5%で固定されています。

性格 解説
シンクロウ こうかつ 気絶したペットの次に出すと消費PP軽減。(5%/7%/10%/13%/20%)
超こうかつ アイテムドロップ率上昇と気絶したペットの次に出すと消費PP軽減。
なかま思い 気絶したペットの次に出すと威力が上昇。(2%/3%/5%/7%/12%)
超なかま思い アイテムドロップ率上昇と気絶したペットの次に出すと威力が上昇。

シンクロウの性格が適応される為には、気絶状態のペットからの交代が必要となります。

戦闘開始後にマロン、メロンにストライクしていただきましょう。

手持ちのデッキの中に「気絶中」がいれば、再度バトンタッチしても有効とみなされます。

幾度か入れ替える場合は、復帰の早いメロンや「しっかりロール」2個搭載のマロンは余裕のある時間が少ないと言えます。

エリア間を移動しても効果が持続されるようですが、同時期実装の「ライドロイド」との相性は悪く、乗り降りの度に(ライドロイド搭乗は武器切り替え扱いの為)性格の効果は消失します。

今後、こういったギミックが増えていく場合も注意が必要となります。

「こうかつ」を選んだ場合、兎にも角にもPA連打が快適です。みがわりロール2個分が常時適応なのですから、それもそのはず。

こちらの性格を選択した場合「がむしゃらパフェ」との相性は悪く、搭載は悪手といえます。

せっかくのPP減少性格なのですから、その周辺も快適にし、存分の技をふるっていきたいものです。

pso20160905_141141_003

「なかま思い」は一撃の威力を増加してくれます。トリムの性格同様、通常攻撃であってもその対象に入ります。これにより、全体的な攻撃力増加となるため、通常威力を上げてくれる「はりきりパフェ」の選択も一つの手段となります。

シンクロウによる連戦が発生する場合は、「こうかつ」より若干の不利となります。長時間の連戦は「なかま思い」の得意とするところではありません。

シンクロウの性格は「攻撃力」か「PP」か、という。

攻撃に必要な要素を補ってくれますが、どちらかを選び、その足りないほうをキャンディーボックスで補おうとすると、結局はどちらも似たような完成となります。多数のケースを見ていると、本人は意識せずとも、不思議とバランス型になっている方を見かけます。

完成をみて見ると「攻撃力」、「PP」、「バランス型」の3種を作っている事になります。

各方面に特化するか、バランス傾向に仕上げるのか、どちらの性格をベースに作っていっても、戦闘力の向上を実感させてくれる結果を見せてくれます。

各所で防御力不足が言われているシンクロウですが、トリムと違って「シンクロウキャク」を用いてのジャストガード代用がしっかり身についていれば、そこまでの不安は無いように思います。

シンクロウ風に言うならば、攻撃が来た瞬間、頭に電球が光り「その攻撃は見切った!」とくるくる回転していることでしょう。回避に失敗して、「一体なにが起きているんだ!?」と驚くところまでが遠足です。

やはり、敵攻撃を無効化できるというのは、すばらしい要素です。そのキャクにカウンター要素として威力を乗せるか、PPに余裕をもち、いつでも出せるよう備えるのか。性格がこれの使用感に影響します。

pso20160905_141628_006

シンクロウの性格は、気絶ペットからのバトンタッチによって、性格の効果が適応になる通り。

性格においても、徹底してシンクロウのテーマである「繋ぎ」を表現しています。

性格も「繋ぎ」を使う事で、発動後はデメリット無く、その効果を得る事が出来ます。どちらもアタッカーとしての性能を大きく上げてくれるものですが、性格の適応ありきで戦闘力の調整がされている、という認識もまた必要な物です。

シンクロウを使役する際は、是非とも性格適応の上で戦闘に望んで頂きたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)