サモナーにおけるガンスラッシュについて

全クラス装備可能であるため、サモナーにとっても武器カテゴリの一つ。

では実際の戦闘で、ガンスラッシュが必要な場面について考えていきます。ガンスラッシュを握る場面はどんな時なのでしょうか?

・ペットの緊急避難

・PPの回復

・フォトンブラストを使うため

・アンガ・ファンダージ対策

・自分がガンスラーだ!

大まかに見て、この5つが挙げられるかと思います。今回はこの5つについて考えます。

pso20160204_211016_000

・ペットの緊急回避

武器を切り替えた瞬間、ペットは画面から消えます。

ワンダ、トリムのHPが残りわずかしかなく。ワンダアサルトやトリムバレットで手元に戻すのでは、PA攻撃モーション中にダメージを受け、プレイヤー位置まで戻る事が間に合わない場合があります。またボス戦では、その性質からボスの範囲攻撃に入っていってしまったりと言う事もありえます。

こうったケースは他のペットに切り替える事で対応出来なくもありませんが、切り替えたペットは無防備です。切り替えた直後、敵の突進攻撃や範囲攻撃が来たせいで余計なダメージを受けた経験は誰にでもあるものです。

・PPの回復

ペットのPP回復効率は決して悪いものではありません。なので、即座にPPを全回復したいときに使うことになります。

この用途に用いるならば、煌気光LV3の付いたものに限られるでしょう。(2016年2月4日現在はクイーンヴィエラのみ)

・フォトンブラストを使うため

フォトンブラスト(PB)には

発動した時点で所持していた武器のステータスや潜在能力も威力に影響。フォトンブラストの種類によっては発動中に武器を持ち替えるとリアルタイムに威力が変化するものもある。

このような特徴があります。つまりタクトのままではせっかくPBも威力が低下してダメージが出ないのです。

手持ちにブラストパフェを装備しているペットがいるならば、クエストクリア直前のトドメの一撃が多いのかなとも思います。

・アンガ・ファンダージ対策

アンガが接近してるときにタクトがかすってしまうと耐性を持つ場合があります。

するとアンガの耐性にタクトのアイコンが付き、ペット3種の攻撃すべてに耐性を持ちます。

今後何種類のペットが追加されようが、ペット不可ということになります。現状、耐性を獲得するのはアンガ・ファンダージだけとはいえ、これは恐ろしいことです。

決して泣き言は言いませんが、ぜひともペット各自の耐性を持つ仕様に緩和して頂きたい所です。

誰か助けて下さい。

・自分がガンスラーだ!

サモナーレベリングのために、サモナースキルの全攻撃アップ・ハイアップ・アールアタックボーナス1&2を習得してのトライ、という事なのでしょうか。でも、せっかくサモナーに触れるのですから、ペットでも遊んでいって下さいね。

そうでないのなら、ハンターやブレイバーなどにある「威力が○%上昇」するタイプのスキルのほうが効果的であるため。ガンスラーを自称するなら、レンジャー&ハンターのスキル構成を考え、真面目に取り組んでいって下さい。生粋のガンスラーさんたちの迷惑になりかねません。

それでもなお、サモナーメインでガンスラーをしたいというのであれば。

いろいろがんばってください。

今回の考察はここまでです。いかがでしたでしょうか?

これはガンスラッシュのみならず、全クラス装備可能な武器に共通する事柄も多いのではないでしょうか。みなさんもサブウェポンの充実を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

『サモナーにおけるガンスラッシュについて』へのコメント

  1. 名前:スターダスト 投稿日:2016/10/31(月) 01:26:40 ID:1e44cd073 返信

    サモナーとアンガの考察、参考になりました。
    ふと思ったのですが、下手すれば独極10のアンガ再POP時にタクト耐性付くかもしれないと考えると怖いですね。

    • 名前:mary-pso2 投稿日:2016/10/31(月) 14:28:05 ID:d4bc66862 返信

      独極10のアンガは耐性がつかない特別仕様なので大丈夫ですよ~。

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)