失敗しないキャンディーボックスは? その4

※2016.06.08追記 クッキー系の最大圧縮+3が実装。2×2→1×2へ

キャンディーボックスの考察も、今回で4回目。

ここまで、キャンディーボックスとは何か?

キャンディーを効果ごとに分類して考え。

効果的なキャンディーから優先順位を設定。(第一回)

それらの最大圧縮が2×2であることから、2×2スペースを優先して作り、確保していく。

(第二回)

そして具体的として、「汎用型から完成へ向かう」コンセプトにそって実際のボックス組み立てにも挑戦。そこで発生するキャンディーイレイサー・リムーパのコストについて考える事もしてみました。(第三回)

もう何が必要なのか、有用なのかは判っています。あとは自分のペットに組み込むだけ。

今回の考察を一旦の最後とし、

最終回は2×2以外のスペースの活用はどうするべきが最適なのかを考えます。

現在最大圧縮が2×2以外のキャンディは、ラムネ、アメ、サンド、グミです。

前回の汎用ボックスでもふれましたが、低レアキャンディには攻撃倍率系が無く。

色々と種類や数はあっても役に立つものは一部です。

少しでも火力を確保しなければ戦えないペット達において、使える選択肢はあまりありません。

ならば、2×2以外で必須なスペースを厳選して決めてしまえば。

もう失敗はありません。

今後、新たなキャンディが実装されても。

リムーパーを使ってまで入れ替える価値は無いと言えます。

2×2以外で火力に繋がる確保したいスペースは・・・。

1×4(現在はスピリタアメ用)。

4×1(現在アビリティアメ用)。

残りは入れるものがないので

2×1(現在サンド用)。

この3種です。効果の少ないグミを並べるのは得策ではありません。

2×2を赤色枠。

1×4を青色枠。

4×1を紺色枠

2×1を緑色枠。

とすると。組み方はこのようになります。

ワンダ

wan4

トリム

tori4

サリィ

sary4

この構成が「失敗しないキャンディーボックス」となります。

今後、様々なペットが追加されていくでしょう。

しかし、キャンディーボックスの流れや仕組みさえ解っていれば、不安はありません。

失敗の無い、強いキャンディーボックスは貴方のものです。

れあさえどろっぷすれば。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)