PPは巻き戻らない

明日は新しいストーリーの配信がありますよね。

ファレグVsヒューイの格闘マンガは、皆さんが楽しみにしている部分なのでは。

ここのところ、ストーリーの派生でピエトロ劇場が入っておらず。

あの、躍動感溢れるアングルからの「ジョセフィーーーーヌッ!」ダッシュ以降、ご無沙汰となっています。おかげでストーリーは栄養不足です。

新作ピエトロ劇場を、心よりお待ち申し上げております。

そういえば・・・。

もう実装後数日が経過したので、ネタバレ云々もいまさらだろうとおもいますが。

pso20161017_183227_000

そんな事より、ジョジョ立ち風味のエンガさん。

このシーンでは時間が巻き戻っているはずなのに、先の戦闘で消費したであろう「PPは回復していません」PP消費だけは時間を巻き戻れないという。困った仕様です。

システム上の不整合で演出が綺麗に決まらないワンカット。きっと、多くのプレイヤーが17歳教祖のごとく「おい、おい」と突っ込みを入れている所かと思います。

ネタでは無く、ここが戦闘において意外と面倒なる部分です。2回目以降の戦闘はエネミーとの距離が近く、PPが足りない状態ですぐに戦闘開始になります。

PPが切れると、バルチャファムトにだっこぎゅーされてしまいます。

ストーリーがまだの方はご注意下さい。

さぁ、明日は待ちに待った「上位種」ペットの実装。

いったいどんな感動を与えてくれるのか、楽しみで仕方がありません。

しかし、気の早い話ですが。気になる点もいくつかあり。

今回の上位の登場で、現状のマロン、メロン、ヴィオラ、シンクロウにも恐らく上位種が存在するであろう事が、予想されます。

そうなると、今後しばらく「新たな上位種」が実装となっていき、「全く新しいペット」がお目見えするのは大分先になってしまうのでは?そもそも新規ペットはどの位増えるの?という疑問です。

上位というものがある以上、新規ペットが実装となっても、当然のように他種の上位のほうが強いという事になると思います。火力勝負なこのゲームにおいて新規歓迎されるのは、オンリーワンの有用なスキルを持っているか、幅のある多様なスキルを保持しているか、といった所が主な評価の対象です。

先日のアークスライブ。市来さんからの「新規PAやテクニックの種類は増やさないんですか?」という質問に対し、木村Dはこのように仰っていました。

「カスタマイズで遊びの幅を広げる事はできるけど、何かを増やしても何かに似通ってしまう」、武器の差が無くなっていくという、武器個性の減少を警戒しているご様子でした。

また、メンテンナンスにかかる作業量の増大も考慮しなければならない事。

ペットは3ボタンにする事で、俗に言う死にスキルや、使って貰えないスキルはなくなりはします。しますが、サモナーにおいては「武器=PA」と一つにまとまっている事から。

今度は「召喚されないペット」を量産することになってしまいます。

過去、ワンダとマロメロに同じブレイクが入っていただけで、位置バグになるなどの、戦闘が難しくなる現象を体感してきました。新規ペットにPA使いまわしはリスクを伴ってしまう事になります。

今度、どういった方向でサモナーは進んでいくのか、その先には何が待っているのか。

以上の事から上記を要約して、何が言いたいのかと申しますと。

結論:打ち止めになる前に、なるべく早くドラゴンタイプのペットをください!

あーもう、清々しいくらい欲望にまみれています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)