Suをサブクラス運用(Br)

Suをサブクラスに設定して、ペットで遊ぶ。

この体感記事シリーズも終盤にさしかかりました。

第七回目はブレイバー(Br)のサブクラスにして遊んでみます。

実装前の実機プレイでは、サブブレイバーでその様子が公表されていた為。

サブ用にブレイバーを上げてから、EP4を迎えたプレイヤーも多かったものです。

実際にSuBrで遊んでみると、無条件で恩恵のあるアベレージスタンスがPSO2に慣れていないプレイヤーも助けてくれる事になり。サモナーで遊ぶなら、まずはこの構成を試してから、と言われる位置にいました。定番にして、試金石そのものとも言えます。

そもそも、カタナによる近接攻撃、バレットボウによる射撃攻撃と幅広い運用が可能なブレイバー。遠近両用である為、あまりペットの出番は無い様にも感じます。

サブで力になって貰っておいてなんですが。

ただでさえ、熱心なカタナ使い、熱心な弓使いと、武器特化型が多いこのクラス。メインの場合。受け入れてもらえる所があるのか怪しく感じます。

考えてみれば。

ファンタジー作品では、必ずと言って良いほど秀でた担い手のいる「弓」という分野。

日本の剣客浪漫みならず、いまや世界的に知られるようになった「刀」という分野。

どちらも人を魅了してやまないものです。上記の利便性を犠牲にしても、特化を貫きたい猛者がいるのも納得です。

pso20161216_191753_001

意外と忘れられていますが、ブレイバーの両スタンスにあるチャージ系は、サモナーにおいても適応。ポップルチャージ、トリム&エアロのスパイラルには威力の上昇を見る事が出来ます。

メインクラス専用スキルはカタナかバレットボウ関連である為、ペットに利のあるものはありません。

Suの各種クラススキルとの相性は良いほうなので、攻撃面、防御面に貢献は出来るのものの、結果として高倍率ではありません。こういった関係性はメインサブが逆転しても似通っています。サモナーの性能をコンパクトにしたものを、ブレイバーに移植する形になります。

pso20161218_114507_000

サブウェポンとしてペット利用する、というの状況があまりないクラスの組み合わせなのかな?とも思います。法撃属性の攻撃手段を得る、という意味合い以外は恩恵も少ない事でしょう。

いままでサモナー一本で来た方ならば、違和感無くレベリングに使っていける事と思います。

先日、レベルキャップ開放も宣言されました。今のうちに上げきっておくのには良い猶予期間かもしれません。

pso20161218_120238_010

ブレイバーは高威力の零式PAを持っていることで、あまり機会はないかもしれませんが、投げてどかーんはこちらでもお楽しみ頂けます。

回避が苦手な攻撃をマロメロシールドで凌ぐ。カタナコンバットの合間に使用する。といった用途にも使えます。逃げ回るボスなどは、案外ボマー零式等が当てにくかったりするものです。相手が逃げ回っても有効な犬型、爆弾型が持つのスリップダメージ。硬い相手にはサリィ系のジェルンを付与してから、武器を持ち替えるというハイブリッドな戦い方をする事で、本来のブレイバーには無い展開が行えるようになっています。

やってみると、思わぬ発見があるのも楽しいものです。是非一度、ペットを使っての戦闘を楽しんで頂ければと思います。

全方位攻撃のサモナー!(ただし有線サイコミュみたいなペットあり。)

pso20161218_115243_003

カタナを持つと、実装当初の夏を思い出しますね!「どっせぃ!!」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)