『ソロ徒花を討ち取る』 第一回 準備するペットとメインパレット構成

「今回は、受諾条件を満たしている方全員がクリア出来るようには作っていないので」

このように、木村Dが念を押したうえで解説されていた、このクエスト。

ウェポンズバッジ2017が、50枚でトリガーと引き換え出来ると言う事から見ても。

挑戦しやすくしている分、難易度は妥協していない。とも見る事が出来ます。

今からの方でも事前準備をしっかりと行って、ハードルを越えていけるように。

周りがユニオンシリーズの楽しむ中、羨望で見つめるのでは無く。

いち早く、楽しむ側にまわれるように。

ご一緒に考えて行きたいと思います。

ー第一回ー 準備するペットとメインパレット構成

※ここで用いるペット達は、出来るだけ光属性で構成する事を前提としています。

・まずは壁役の確認を

マロンを複数所持してるかどうかに関わらず、用意しておくべきでしょう。

壁役はジンガ、ワンダ、ヴィオラ。

カンストのLV120であれば言う事はありませんが、育成が間に合っていない場合は最低でもLv100以上のペットを視野に入れます。

☆10、Lv85程度のペットですと割とあっさり削り殺されます。

出来るならばジンガ、ワンダは「こんじょう」、ヴィオラは「目立ちたがり」を用意。

(既にLv120と完成しているペットならば性格は選びません。)

壁役を用意することについて。

「殲滅役を複数でまわせばいいのでは?」という方もいらっしゃるかと思います。

今まででソロ徒花にトライした事がある方なら、察していただけるかと思いますが。

深遠なる闇の範囲攻撃が自分中心に展開される、というのはこちらが思っている以上に厄介です。

中でも困るのが、ペットと本体を別々にターゲッティングしてくる攻撃が意外と多い事。

どうしても回避に専念しなければいけない状況がうまれる為、ある程度攻撃に耐えつつ自律攻撃を行ってくれるペットが欲しくなります。

・火力の元は?

高火力の叩き出せるペット、と考えれば複数の候補が挙がります。

弱点を露出する場面やダウン中の場面だけに限定するならば、どのペットでも貢献出来る事でしょう。

ならば、自慢のペットでの連続攻撃を打ち込んで下さい。

エアロのシャウトスパイラル、マロンストライクからの交代で「なかま思い」型シンクロウのシンクロウゲキ、レドランのマインバーストなどはその筆頭です。

問題はそれ以外の場面。

敵攻撃を貰いつつ、PAを打ち込んでいけるのか?という部分。

マロンを複数所持しているなら、真っ先に組み込む事になります。

先に申しました通り、ペットの位置に関わらず本体へも攻撃は及びます。

サリィ系、レドランは本体の側で行動する時間が主です。危険性が増え、あまり安定した戦いは望めません。攻撃に耐えられず、すぐに入れ替える事になってしまいます。

また、シンクロウにおいても敵攻撃の合間にコンボを重ねなければならず、その時間サモナー本体の足止めはキケンです。シンクロウはキャクで攻撃を抜けても、ソレを指示した本体が攻撃を受けてしまいます。レドランのスラッシュにおいても同じです。

申し訳ないですが、ここは候補から外させていただきますね。

そうなると、エアロ(トリム)を呼び出してのスタッブが隙が少なく、利用しやすい事になります。ボクシングのヒットアンドアウェイ戦法ですね。(前哨戦のダブルにて、逃げ回る足への追撃としても優秀です。)

ヴィオラの2重DOTも、この場面ではダメージソースです。

多くのダメージを受けたときは、ペットのHP回復より壁役へのバトンタッチを。

・サポート枠を入れるかどうか?悩む選択肢。

サポート枠って何を指すの?と思いますよね。

PP回復役のサリィ(ポップル)やガンスラッシュ、アンブラステッキもここでサポート枠と考えます。

深遠の攻撃は結構強烈、馬鹿にしてかかると事故死も普通にありえる相手です。

スタッブなどでPPを使い切り、リカバリーを図りたい所ですが。やはり本体へ向くタゲに不安がうまれます。

最初は素直に諦め、壁役、マロン枠を追加する事をお勧めします。

※元よりアンブラは論外。2017.01.31時点でユニオンブースターがクリアリザルトなのか、ドロップなのか判りませんが、アンブラを入れたメインパレット構成で「クリア出来ない」というのであれば、少々、考え方を改めていただく必要があります。

このあたりは、まずソロ攻略に慣れてからカスタマイズしていく、これでいいのではないでしょうか。

・キャンディーは何を?

当然の話ですが。基本のセット(パフェ×2、ロール×2、クッキー×3、ケーキ2)は必ず組み込んでください。

実装時の幽揮風の潜在がどのくらいになるか、解りませんが。

生放送での木村Dの発言は「通常の深遠よりちょっとHPが少ないくらい」と表現されていました。真実だとすれば。手を抜いたボックス構成でソロ討伐できるほどの与ダメージは出せないでしょう。

基本のセットが入っているならば、あとはいつもの様にデッドスペース(グミ)を減らしながら隙間を埋めて構成です。

既に完成されたボックスのペットならば、慌てて組み替える事もないでしょう。

まだパフェを搭載していない、と言う方は。

通常攻撃の数が増えると予想される壁役には「はりきりパフェ」を搭載。

火力役には「がむしゃらパフェ」をご検討下さい。

パフェ無しでクリアできる難易度ではない、という事を良く覚えて置いて下さい。

ダメージソースとなる、マロンやエアロ(トリム)には全て「メガトンパフェ」を搭載出来るのが最高の理想です。

しかしながら現実は厳しく、これが実現できるサモナーはごく一部でしょう。

特にマロンのストライクは、パフェの性能差=与ダメの差。と言っても過言ではない程。

メガトンパフェが無いならば、がむしゃらパフェだけでも載せておきたいのが本音です。

両方が無い場合、「ぴったりパフェ+ぎゃくてんパフェ」組み合わせを推奨します。

ロールは使い慣れたもので良いと思いますが、みがわりロール&アルターエゴ前提での構成の場合、ミラージュによる伝播回避が上手くいかず、思わぬダメを貰う事が多々見られます。運用の際は十分にお気をつけ下さい。

これらが、いままでソロで徒花クエに挑んだ時に感じたペットの使用感です。

ここからはメインパレットの構成を考えて行きます。

ここで取り扱うマロン枠は、☆10以下の場合。2段階の膨張で投擲するものとします。HPがもたず、3段階までに削り殺される事が多くなるからです。

※画像はあくまでイメージです。

pso20170130_224414_000

恐らく、討伐に向かう方で一番多いのはこういった構成ではないでしょうか。

壁役1、ダウン時用火力1、マロン4。

マロンを多く所持しており、かつ操作に自信があるならば、壁役を外しマロンをもう1枠追加します。ただ、5枠を使ってのリボルバーは2段階投擲を多様しない限り。あまり出番がありません。

ダウン時用火力を1枠持つ理由は、マロンが膨らまずに弱点露出を迎えてしまった時の撃ち込み要員です。

深遠戦において、この壁役枠とマロン枠は攻略のカギとなります。

マロンが足りない分を壁役ペットが補い、攻撃の手を止めない事で与ダメージの差を詰めていきます。

pso20170130_224918_001

完成しているマロンが足りない場合。その空いた枠に壁役のペットを足すと、このような構成イメージになります。

ただ、壁役が増えればそれでいいのか?というものでも無く。どんなに多くても壁枠は3枚に留める事をお勧めします。壁役3枠がたやすく突破されるようなら、育成が足りていない恐れがあります。

pso20170130_225043_002

マロンを使わずに攻略したい!という方には。

壁役は3枠までをふまえ、残りは火力持ちペットのリボルバーです。

撃墜されるまでに、大きなコンボを一つでも多く撃ち込み。撃墜されれば入れ替えです。

残弾が尽きたら、壁役ローテーションに切り替え復帰を待ちます。

こういった戦い方の場合、エアロ(トリム)でリボルバー出来るのが一番良いのかも知れません。

手数の多いボス戦において、マロンを使わない構成は、残念ながら攻略のハードルが上がります。それだけ巧みなキャラクター操作が出来るプレイヤーさんの領分でしょう。

ここで取り扱うペット全てのLvが120であるという事までは求めませんが、メインパレットに組み込むペットたちは限界突破したLv100以上を揃えて下さい。

☆10、Lv85までのペットのみでクリアも出来るのでしょうが、マロン6枠(ボックス完成)を2段階で投擲しながら立ち回るようにでもしない限り、難しいでしょう。

簡単にではありますが、準備するペットとメインパレットの構成を見てまいりました。

次回は『ソロ徒花を討ち取る』第二回は、「サブクラスの選択とサブパレット」

について見て行きます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

『『ソロ徒花を討ち取る』 第一回 準備するペットとメインパレット構成』へのコメント

  1. 名前:らの字 投稿日:2017/01/31(火) 21:09:04 ID:d4522de60 返信

    常にフルワンダ(?)で持久戦を仕掛けて
    中の人(中の人などいない)が最初に音をあげている私はアホです(笑

    ・・・という、事実に基いた冗談(笑)はともかく
    そろそろ火力ペット、何か連れてったほうがいいかな~と
    思い始めていましたので、記事の趣旨とは
    ちょっとズレるかもしれませんが、大変参考になりました(`・ω・´)ゝ

    (・・・候補はトリムかなぁ・・・)

    • 名前:mary-pso2 投稿日:2017/01/31(火) 21:21:49 ID:1303b80da 返信

      そうなんですよね、独極でもフルワンダ作戦をしたことがあったんですが、集中力がきれて、床となりました。
      以降、さっさと攻撃を仕掛けて終わらせる方向へ。

      じつは、この記事を作る前に、ソロ徒花に何回かトライしているのですが。
      慣れない頃は、前哨戦のダブルで疲れることもありました。
      ゆきかぜの潜在によってはマロン投擲で片が付くでしょうが、厳しいのはあまり変わらないのかな?と捉えています。

      エアロ(トリム)が火力役としては第一候補で宜しいかと思います。
      レドランはレベルがカンストしてもあっけなく撃墜されます。そうなる前にいかに撃ちこめるかという、怒首領蜂のショットボムみたいな子です。

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)