時の流れを感じて

先日公開されましたディザーサイト『熱狂せし武闘の宴』を見ていて。

あらま、これは。

という一文を見つけました。

公式ディザーサイト http://pso2.jp/players/update/20170308/

ds1

レベルアップクエストに『混沌喚び出す龍の咆哮』が含まれています。

そう、「乱喚龍ゴロン・ゾラン」という。

当時サモナーの救世主だったあの龍が登場したクエストです。「なつかしいなぁ」と感じるか「なにそれ?」と感じるかはサモナーを始めた時期による事かと思います。

まだ、コレクトシートにサモナー関連がタクトレボルシオのみしかなかった頃です。

乱喚龍のボスドロップに全☆13ペットエッグが含まれており、多くのサモナーがこのクエストに挑んでいきました。

当時の☆13エッグのドロップがとても渋かった事あり、ここで集めなければ後は無い。という気持でいっぱいでした。

今となっては、あの頃の絞りっぷりはなんだったのかと思うほど。あの時はがんばったなぁという懐かしさを感じるまでになりました。

その後は皆さんご存知の通り。

コレクトシートで大方のペットは配布され、既に上位種がいる3種においても。

今後の復刻コレクトファイルにワンダが入っているなど、気軽に入手出来るような配慮がされています。

配信日にはちょっと懐かしんで、このクエストにトライしてみるのも良いかもしれません。

また、このクエスト配信終了後からサモナーを始めた方には。話題のネタとして攻略に挑んでみて下さい。

なお、このクエスト当時の配信期間中は。

ペットの挙動がめちゃくちゃで、PAの指示には従わない、指示しても戻って来ない、壁に埋まって操作不能になる。などのファンタスティックな状況の中で掘っていました。

これは、マロン、メロンのブレイクを連続で行うとしだいにずれて、おかしくなるという現象を修正しようとした結果、すべてのペットに影響をおよぼすという不具合を呼びました。

現在は修正されておりますが。

当時は「こうすればズレない」というデマも大きく広がりました。

こちらは当時の体感をまとめた記事です。

2016/08/13 マロメロ修正に伴って変わった事

結局は挙動の設定そのものに問題があった為、プレイヤー側での工夫や調整では対処出来なかったことになります。

そのうえ、ゲルプルフ、ヴィスボルトのエマージェンシートライアル中はボスが出てこない為。このあいだにクエストポイントを満たしてしまうと、ボスが登場せずにクエストが終わるというおまけつきでした。

そんな中で、このクエストを100回以上周回したサモナーが沢山居たほどです。

それほど他の場で☆13エッグが出なかったんです。

よくがんばりましたよね、当時のサモナー達は。

欲しい種類の☆13エッグが出たら。その日の晩は、お気に入りのアップルワインで乾杯していたのを思い出しました。

※その後、NHKの連続テレビ小説「マッサン」でニッカアップルワインが紹介され、ドラマ人気から品薄になり。しばらく入手で出来なくなったのものでした。

おぅ、じーざす。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)