新米アークスだった頃の夢をみた

ここの所、体調がおもわしくなかった所為か、暇さえあれば常設のレベリングに参加していた所為か。

家事を済ませただけでうとうと、夢の世界に直行。

「おなかすいたー!」の一言に起こされるまで、すっかりと寝入っていました。

pso20170327_181621_001

そんな中、新米アークスになっている夢をみました。

初めてフランカさんから、ナベリウス関連のCOを受注して。

意気揚々とフィールドに降りました。流石は新米アークス。パートナーのペットはワンダさんだけでした。

なんだ、案外戦えるものじゃないか!と安心しているのもつかの間。

ワンダさんが何か咥えて持って帰ってくるではないですか、うん?ワンダさん、なにそれ?

「ボトッ、ボトッ、ボトッ・・・・・・」随分と数があるような。

うーぁ、なんかすごい臭い・・・何を集めてきたんだろう?

ああ、全身血だらけ。ワンダさんも大きな怪我していないと、いいんだけど・・・。

スキャンデータ

「ウーダンの肉」×6

「アギニスの肉」×8

「アギニスの胸肉」×2

『これらの物品に対する、該当のクライントオーダーがあります。回収して下さい。』

は、あはは。こ、これ持って帰る、の?

「え、えっと指定のキューブに入れると、キャンプシップに自動転送される」と。

お、おぅけぃ、おぅけぃ成るべく見ないようにしよう。

はいはい、作業だものね、作業。あぁ、この生っぽい感覚きっついなぁ。

『クライントオーダーの対象の収納を確認。転送します』

ヴぁ~やっと終わった~、なんか地味に来るなぁ、この作業。

ああ、手間で血に染まってまっかっか、速くその辺の池でもいいから洗いたいなぁ。

・・・・・・あ、だめ、頭がクラクラする血を見てたら貧血っぽくなってきた。

ごめ、ちょっと一休み。

ん?ワンダくんまくらになってくれるの?

「あー、ふかふかだぁ。」

それにしてもワンダくん、どこで血糊を落としてきたんだろう?

布団の中、そんな小話が頭に浮かんでいたのでした。

温度差の激しい季節。

みなさんも体調不良にはお気をつけ下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)