昨晩のアークスライブから

昨晩の2017年5月6日。23時から放送されたアークスライブ。

デススエスカ・グラーシアのドロップについてにも言及があり。

見所たっぷりの内容でした。

早速その内容のサモナー的に「ぐっ」とくる箇所を振り返って見ましょう。

AL0506

サモナー的になので、バトルアリーナのプロテクション使用回数が1回になる。

というような、今後の修正はスルーしていきましょう。

どんなアップデートにしろ、数日で最適解を見出し始めるアークス達。

そのマンパワーから打ち出された。最適解のテンプレートを身にまとって戦地へ赴くのですから、それは使用率が偏るのも無理からぬ事だと考えます。

PPアンリミテッドからのフォイエ連打も、将来的には危なくなるのでしょうか?

きっと、そっちは大丈夫だよ・・・ね?

AL02

さて、問題のグラーシア戦。ソロ花と違い、最初からの受注は不可。

緊急クエストのDFエルダーやルーサー討伐の流れに同じ。

ゼフュロスを討伐後に時間がくる事でスタート。

クエストの受注フラグはキャラクターごと、との説明から始まりました。

同一キャラであり。フラグが立ったあとならば、一旦ロビーへ戻りクラス変更はOK。

フラグ成立後には忘れずに、クラスをメイン/サブともに80レベル達成している編成に直しておく事になります。

慣れるまでは、ゼフィロス戦から本気構成で行ったほうが良いのかも知れませんね。

マイセットに対グラーシア構成を組み上げている方は、くれぐれも/ms(数字)の番号間違いをなさらぬよう、セット後に一度は内容のご確認を。

以下、採用されたアークスからのご質問を簡易表記。

Q:なぜ、レベル80制限のクエストが早くに実装されていたのか?

という質問には「目標要素の一つである」旨の説明がありました。

これから80を目指す方、はその点を考え。

レベリングが間に合うに越した事はありませんが、レベル80は間に合ったらでいいや程度に捉え、時間を都合するご無理はなさらぬ様。

これはこの後の質問に対する返答からも考えられますが。

参加出来なくてもそこまで大きな差にはならないのでは?とも考えられる事に起因します。

Q:ゼイネシスシートの対象(タクトですとシート内、ローズスキュアーの部分)がゼフュロス戦のみとなっていますが、グラーシアは対象ですか?

という質問には「ないですね(グラーシアは対象では)」とのご返答がありました。

追加として、グラーシア戦でのゼイネシスシリーズのドロップが無い事。

グラーシア戦はクリファドシリーズの直ドロップに置き換わる事。

クリファドフューズの1個保障が2個になるとの事。

ゼフュロス戦がクリファドフューズのドロップに関し、1個確定+0~4個であり。

平均すると2.〇〇との説明も。

こちらにお寄せ頂いた情報では、クエスト参加数とフューズの取得数から産出して。

個々による差はあれど、約2.7個付近であろうという。情報も頂いております。

(※ ^o^様、いつもコメントありがとうございます。)

グラーシアはこの確定の部分が2個になっているという事になります。

なのでドロップ数は、2個確定+0~4個というものになります。

クエスト失敗については、時間内ならばリトライも可能。

また、グラーシアの戦闘力についてはHPは40%程度だが、ダメージ耐性が50%カットが入っている為。今の8割くらいのゼフュロスを相手にしているようなもの、という補足も。

そういう話であれば、マロンの一撃だけで大きくダメージ稼ぐというだけでは、PT貢献は難しく。

他PA(ブレイクやカース)でも同時に削っていかなくてはなりません。

相手のダウン時にはマロンストライクを先に撃ち、即座に他ペットでの追撃を試みなくてはなりません。

リボルバーであれば、すぐさま回転。

次弾のマロンがブレイク連打。

PP回復の妨げになる事も考慮しシールドを使わず、本体は攻撃を回避しつつPP回復を狙います。

リボルバーでない戦闘を考える場合。

被弾しても耐久力上で問題のない、ヴィオラの通常攻撃で素早くPP回収。

このとき、ヴィオラのHP回復は切り捨てます。

ヴィオラが早々にピンチになるようなら、PP回収は中断し、早々にアタッカーにバトンタッチ。

ダウン時にはエアロやレドランで集中攻撃の流れになる事かと思います。

また、放送中にモアイさんからのご質問で、☆13ラッピードロップと☆14ドロップについて切り込んだご質問が!モアイさんなんというファインプレイ。ありがとうございます。

あとでツイッターからファンコール入れなきゃですね。

木村Dより「一緒です」とのご返答が。ぉうのぅ!☆13ラッピーさんだけでもデレてくれるのでは?と期待していただけに、これはしょっく。

もう一回あそべるドン!と言ったものだと受け止めました。

おかわり企画です。という説明で閉じていらっしゃいました。

AL03

スライドも変わり、内容も次へ。

ウェディングついでに、PSO2で「結婚」システムの要素は欲しいですか?という質問もあり。

実装関連とは別件で、視聴者の興味を聞いた所。64.2%が「いらない」とアンケートに回答。

や、個人的にもユーザー間の「結婚」システムには「いらない」側だと思います。

長く遊びたいオンラインゲームのタイトルで、気楽さが抜ける原因になりかねないというのが理由です。

過去に遊んでいたMMORPGにて。

結婚や養子のシステムがあり専用の便利なスキルなどもありましたが。

お相手や子供がINしなくなり

そこから大分経ってから、離婚システム実装と同時に離婚した。というエピソードは身近にありました。

他にも、泣けてしまうエピソードもあり。

お相手がINしなくなってからも、倉庫には名前入りの結婚指輪が存在しており。

お相手の名前が刻まれていました。

永遠の愛を誓ったはずの、その指輪の名前が。・・・ある日、消えていました。

これはキャラクターデリートかアカウント消去を意味しています。

再開を願い、倉庫にそっとしまっておいた指輪だそうですが。

無名になってしまったその指輪を、どうしても捨てられず今でも倉庫に残しているのだとか。

「どうしたらいいんだろう?」と相談された時には、こちらの方が泣いてしまいました。

リアルと違い、「別れた」という過程をゲームへの興味と共に省略出来てしまう。ネット世界ならではの恋愛模様。

PSO2に要るのかなぁ・・・?

あれも元々はユーザー同士で流行っていた結婚イベントに、開発が乗っかったような実装だったはず。

PSO2での結婚も集会のように、ユーザー発信からのイベントで良い様に思います。

リングの種類も多様になりましたし。指輪に事欠きません。

あ!これ以上リングを装備出来る箇所が無い!

AL04

ここで、クリアの報酬でパートナーカードなどはないんですか?とお話が飛び出しますが。
六芒のように強いキャラは作っていない。との解説が。

「味方になると弱くなるNPC」ゲームあるあるですね。

称号はクラス毎となっているらしく、EP4の〆に鍛えたペットと共に望んでみてはいかがでしょうか?

制限時間は7分。HP回復制限は80%カット。

これにより、2段階でHPが危ない状態まで削られたマロンはリカバリー出来ません。

速やかに投げましょう。

また、壁役のペットたちにも危険が及びやすくなります。

オーディンクエの時はメインパレットで「控え」になっているペットは回復制限の外でした。

戻して回復させるか、戦闘不能まで使いきり復活後のHPから再開するか、という2択です。

ワンダ系、ヴィオラともに復帰に要する時間は60秒。

制限時間が7分しかないクエストで、60秒はきついものがあるかと思います。

続投か、交代か、判断はお早めに。

AL05

今後のACスクラッチアクセサリ「フレッシュスクールデイズ」にて。

反応したのはこのキャノン砲。最近増えてきているキャストのオシャレ。

この先に控えているフレームアームズとのコラボに向けて、キャストのオシャレ、アセンブルの範囲がどんどん広がっているように感じます。

AL06

今年度の雨風についても言及が。

モアイさんより1600ポイントなのでエンペラッピーが出ていた。というご指摘もあり。

クエストポイント1600/2000からエンペラッピーの登場フラグが立つとの事。

また、クエスト中はエスカダーカーも多様に登場。

エスカ武器はデザインも良く、コレクションを狙う方には良いチャンスになるのではないでしょうか?

また、開発のスパンについても言及があり。

実装から10ヶ月前には企画書が出ているとの裏話も聞けました。

来年の今頃。体験する頃になるアップデートは、今年の感謝祭の終わりごろには企画書が通っている事になります。

サモナーにまつわるアップデートでもそうだったので、ここで申し上げておきたい事が。

何か実装されるたびに、やれ優遇だ、やれ冷遇だと騒ぐ方が居ます。

売名の為にそういった記事を書く、煽るようなタイトルで発信する方も居ます。

冷静に考えて見てみれば。あちらは企業として動いており。商品を開発、提供している側です。

数値調整だけならまだしも、年単位のスケジュールを持ち、月刻みでアップデートを繰り返すオンラインゲームの開発で、大道具をそんなすぐに作れるものではありません。

PSO2内外で出来事が起こったからと、苦情が殺到したからと、ホイホイ順番を入れ替えて実装するような開発スケジュールでは無いのではないでしょうか。

新クラスがヘイトを集めやすいのは、ブレイバー実装の頃からの恒例行事となりつつあります。そのあたりはサモナー実装当初の風当たりで、身に染みて体感済みです。

周りの騒ぎで不安にならない様、流されぬよう。お気をつけ下さい。

冬コミに向けて同人、企業問わずゲームを創っていらっしゃるクリエイターさん。

要望が多いから、夏コミに向けて急いでくれる?とか言われたら、明日から確実にデスマーチになりませんか?

ここからは私信になります。

いままでは容量の都合、やりたくても出来ない事が多かった「サモナーやってみた」ですが。

新クラス実装を前に、リニューアルへ向けて動いている事は以前お知らせした通りです。

PSO2のファンサイトとして「PSO2 新クラスやってみた(予定)」と名前を変え、サモナー&新クラスの体感情報を発信して行きたいと思っています。

皆さんにご声援を頂く前は、日記を綴ることが趣味のひとつにでもなればと考えていた程度で。

数日に一回の更新、毎日の更新ではありませんでした。

応援してくれている方に応えなければと、更新の頻度が上がって行き、今では毎日の更新です。

なにか応えられればと、交流のきっかけになる場を作れればと「さもつど」も始めました。

元々、ブログのノウハウなど持っておらず。他のブログではあたりまえに見るようなアクセスカウンターすら無かったんです。

友人アークスの助言を貰い、カウンターが増え、コメント欄を作って、少しづつブログらしくなっていきました。

なので、挿絵がわりの画像が占めてしまう容量など、考えが及びませんでした。

そう、レンタルサーバーの容量を使い切る事、アクセス数の増加からデータベース使用量についてサーバー提供側から注意勧告を受けるなど、想像もしていませんでした。

長く「サモナーやってみた」に遊びに来てくれる方ならば。

そういったHPの変遷もご存知だとは思います。

あれこれ削り、過去記事の画像には大幅な圧縮をかけて、記事を維持しています。

プラグインも削り、スマホでも表示されやすい様にと改訂を繰り返してきました。

瞬間使用量を低減するため、TOPの記事表示数も15→10→5と減っています。

お引越し後は、過去記事も最初の綺麗な画像に戻せます!

ご意見をいただきながら出来なかった、動画コンテンツにも乗り出せます!

広くなった新天地ならば、さりぃさん達も気兼ねなくタライが落せます!

お引越し後はやってみたい事が多く、いまからうずうずして止まりません。

それまでは、もう少し。

ここでサモナーを。思いを語りたいと思います。

ご不便をお掛けして、本当にすみません。

今しばらくお付き合いの程、よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

『昨晩のアークスライブから』へのコメント

  1. 名前:通りすがり 投稿日:2017/05/07(日) 21:29:33 ID:4667c4353 返信

    「ゼフュロス」じゃなく「ゼフィロス」ですよ~

    • 名前:mary-pso2 投稿日:2017/05/19(金) 18:13:16 ID:3723948ef 返信

      うわぉ、どこかのジェノバ生命体剣士と混じってました。いかんいかん。

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)