サブクラスについて考えてみた Fo

誰もが迷うサブクラス選び。

第2回はフォース(Fo)です。

EPISODE4開始直後より、加算になるフォトンフレア底上げだけ。という低火力イメージが先行し、あまり選択する機会がなかった方も多いのではないでしょうか。

有志の検証により、wikiではこのようにまとめられています。

火力スキル:実質なし
ペットへの恩恵は、フォトンフレアや法撃力アップによるプレイヤーの法撃力の底上げによるものだけ。
チャージPPリバイバルによってテクニック中でもPPが切れないが、ペットのPAチャージ中はPP回復が止まるので注意。
タクトの法撃が極めて低いため、ペットを出しながら攻撃テクニックを使うという戦法はおすすめ出来ない。

確かに、オススメ出来ないでしょう。

しかし、使いこなせるなら確実に楽しいペットとの共闘が待っています。

pso20160221_235621_004

サブフォースでの戦闘では、常にサモナー本体とペットが同時に攻撃に参加しているという。

他クラスでは味わえない、連携攻撃が魅力です。

低火力?だれですかそんな事を言ったのは。(でも本当に光・闇・風はFoサブではお勧め出来ません。)

今回はフレイム・チャージ・JA・フォトンフレア・ハイアップの火炎用各種を取得してのパターンです。

画像ではタクトでのラ・フォイエでロックベア頭部に撃ち込んでいます。

(見辛いですが10701となっています。)

サモナー準拠の火力として見た場合。これがペットと同時に攻撃し続けることが出来るなら、決して低くない合計ダメージです。

何より、ペットの攻撃範囲よりも遠距離にいる敵に先制攻撃が可能であり、馴染み深いJAを自分で乗せることが出来ます。

複数の敵に囲まれた時にも、ペットとプレイヤーがそれぞれ別の敵と対峙することができます。こういった動きもサブフォースの醍醐味といえます。

タクトふりふりしている暇はありません、ペットと共に戦う時間です。

貴方達だけの必殺のコンボを組み上げてください。

ただ操作に関しては、裏を入れたゲームパッド、ゲーミングマウス&キーボード、左手用デバイスどれをとっても忙しくなります。ペットPA&プレイヤーのテクニックのPPを同時管理。同時操作ですものソレは手も頭も忙しくもなります。

指がつらない様、入念にストレッチをしてからトライしてください。

あとはサブパレットが足りません。それはもう猛烈に。割り切って毎回ビルドしましょう。

テクニック関連のやりくりが楽しいフォース。

ペットとの連携が楽しい。使い魔と魔術師に変身です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)