サブクラスについて考えてみた Br

誰もが迷うサブクラス選び。

第8回はブレイバー(Br)です。

打撃と射撃の両立をテーマに誕生した、刀と弓のサムライクラス。

EP4開始前の公開実機プレイでも使われていたことから、

当初より多くの方が選択していたサブクラスでもあります。

まずはwikiにまとめられた情報をおさらいします。

以下、転載。

火力スキル:アベレージスタンス/チャージ(計26.5%/39.1%) or ウィークスタンス/チャージ(計48.5%/63.35%)
雑魚にはアベレージスタンス、ボスの弱点部位には攻撃力の高いウィークスタンス、と素直で扱いやすいスタンスが揃っているのが魅力。
ウィークスタンスはテクニックではなく法撃属性の攻撃なので、テクニックのように属性を合わせただけでは効果は発揮しない。
アタックアドバンスはペットの通常攻撃にも効果あり。
ポイントアシストで狙った部位がウィーク扱いになるかは不明。

両スタンスとも汎用性が高く、スイッチスキルを使えば打射法を問わず戦えます。

加えて、手持ちのユニットがどのステータスに特化していても使う事が出来る点は、経済的にも優しいと言えます。

しかし、他のサブクラスを使うときにはある「タクトを持ったまま」できる追加の動作は無く。

均等に強化しただけ、とも言えます。

ペットの操作を突き詰めたい方には最適ですが、

戦闘が単調になるぶん飽きやすいという危険性も秘めているのです。

気軽にどこでも、ソロでもPTでも戦える。

でも、そこまで高火力ではないと言うことも忘れないでください。

汎用性が高いということは、特化性が無いということでもあるからです。

しかし、サブブレイバーをやっていると刀と弓に持ち替えたくなります。

サムライクラスの血が騒ぐのでしょうか。

「天下の悪法、生類憐みの令」発布時代にサモナーをやっていたら、物凄い勢いで罰せられたんでしょうね。(江戸幕府第5代将軍、徳川綱吉のアレ)ああ、おそろしや。

もっとも、辻斬り、放火の禁止。捨て子や病人の保護なども含まれていたので

人間用の福祉施策としては優秀だったようですが。

最後になりますが、この8種類のサブクラスのうち、これ選んだから大丈夫という事は無く。

キャンディーボックス、ユニット、リング、クラススキル、突き詰めていかなければいけない物は沢山あります。

サモナーでPSO2を始めた方へ。

使いやすいクラスを選ぶだけでなく、資金に余裕が出て来てからでも構いません。

それにあわせた装備も、少しづつ揃えていけるようにがんばって下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※お名前の記入が必要です。(アカウント以外)